2006年05月22日

蕗の葉の佃煮

蕗の佃マ  蕗の葉、筍、おじゃこの佃煮です

  私は灰汁の強い野菜が好きなので

  こんな灰汁もの同士の佃煮を作ってみました

  灰汁が苦手な方は灰汁を充分抜いてください 

  蕗も季節もの

  葉を捨ててしまうのは勿体無いです


これの分量は適当です
要するに醤油と砂糖などで甘辛く煮ればOKなので、好みの味付けで
目安が分からない場合は、醤油と砂糖を同量にすればよいかと思います
(私は関西出身なので、砂糖を大量には使わないのです)

★材料★ 
・蕗
・筍
・じゃこ(どんなのでも)
・砂糖
・醤油
・酒
・胡麻油

★作り方★
<<蕗の下処理>>
1.大き目の鍋に湯を沸かす
2.茎は葉の部分と切り離して、適度な大きさに切る(皮は剥かない)
 葉の部分はそのままでOK
3.茎は皮ごと3分ほど茹で、冷水に取り皮を剥く
 こうすると手が汚くなりません
4.葉の部分は灰汁が苦手な人は、10分位茹で、1時間位冷水に浸ける
  (私は灰汁が好きなので、茎とほぼ同じ位の処理です)

<<葉の佃煮を作る>>
1.筍は硬い部分をサイコロ状に切る(好みで細切りでも)
2.蕗の葉はよく絞り、ザクザクに刻む
3.熱したフライパンに胡麻油を入れ、じゃこ、筍、蕗の葉を入れて炒める
4.具に油が回ったら砂糖を入れ炒める
5.砂糖が溶けたら、醤油と酒を入れて炒める
 この時点での醤油は自分が思うよりも少し控えめにする
 汁の量は少しグツグツ言うくらいの分量で
6.弱火にして蓋をし、汁気がなくなるくらいまで炊き上げる
7.味をみ、塩分が足りないようであれば醤油を足す
  (じゃこの塩分があるために、最初は控えめにしておく)
8.水分が無くなったら出来上がり♪


好みで胡麻やすり胡麻を振ったり、最初に唐辛子を入れてみたりしても
いい感じに仕上がります
蕗の灰汁の苦味は、火が入り煮締めると醤油と油が勝ってくるので
少し強めに残してもいいかもしれません
好みで茎の部分を入れても♪
posted by ふしゃーぴー at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。